浄法寺塗の元祖となるお椀。

南部箔椀

61,600円(税込)

定価 77,000円(税込)

購入数

豪華な加飾を施した「南部箔椀」

名椀の一つ「南部箔椀」は岩手県の浄法寺塗の椀です。
現在では無地のものがほとんどですが、昔は秀衡塗のように漆絵を金箔が加飾されていました。
秀衡塗は菱形、浄法寺では正方形の金箔が使われます。
秀衡塗の漆絵職人が復刻したお椀です。

寸法直径 約10.8cm×高さ 約12cm
容量約400ml
素材水目桜、漆、金箔
重量約170g